お墓工事

耐震施工をして安心なお墓に お墓の地震対策

耐震施工をおすすめしています。お墓を地震から守る対策として簡単にですがご説明しています。

お墓の耐震施工

揺れの大きい地震はお墓も倒してしまいます。地震対策はされていますか?これからお墓を建てる方はもちろんですが、現在建てられいるお墓も、対策として耐震性を高める必要があります。外柵などの基礎工事では鉄筋10㎜を網状の組み、生コンを打ち、巻石には耐震用ボンド・L型金具をして強度アップをいたします。石棺から石碑本体工事も耐震ボンド・耐震パッドなど、さらに耐震性を高めていく必要があります。

耐震リフォーム

和型のお墓は縦長のため倒れやすい形状ではあります。洋型の横長の方が形状的には地震の振動には強いと言えます。古い霊標板や灯篭などは倒れることが多くあります。現在はボンドで止めていますが、阪神大震災以前の施工はセメントだけのものも多く耐久性には問題があります。特にお墓が傾いているものが多く見られます。見た目にわかるものと分かりにくくい程度に傾いているものもあります。揺れに弱くなっていますので早目の対策は必要です。

耐震施工のこだわり

まとめ

当社の施工はあらゆる角度から考え耐震施工もしくは耐震補強をしています。先祖の為、これからのご家族の為に半永久的にご使用いただく大切なお墓ですので、安心なお墓づくりをモットーにしっかりと建てさせていただきます。

関連記事

TOP