お墓工事

お墓を建てる 和型洋型の墓石と石材を選ぶ

お墓をはじめて建てる時、いろいろ分からないことが多いかと思われます。ご予算内でお墓をしたいやどんな形がいいのか、石を選ぶ基準とかを説明しています。

お墓を建てる時は

第一に安心な国産の石材か、いろんな石目のある外国産の石材がいいのか。第二に墓石の形は昔からなじみのある和型か、好きな形でオリジナルのお墓を作られるか、耐震性の高いお墓か、予算重視で選ばれるか等、要するに気になるところからご相談ください。

お墓はどんな石材がいいの? 

どんな石材がいいのか

国産の石材の方が実績もあり品質が高く、日本の風土にあっていることもあり安心な石材とされています。しかしお墓の価格帯は外国産よりは高くなります。よって一番人気は愛媛県で採石される大島石です。昔からの定番の石ですが石目は万人受けする上品さがある石種です。ですから誰が見ても良いお墓ができたと喜んでいただけます。しかし外国産の石材は中国産・インド産・アフリカ産などが現在は多く使用されています。結果的に外国産は国産と比べて、価格もリーズナブルなものもあります。

色目もピンク・赤・黒・緑系色など幅広くあるのも魅力です。ですからオリジナルのお墓を作るとのには適しています。その後お墓のご相談の際に好きな色の石を見て洋墓にされる方もいます。しかし石の色の好き嫌いもございますので、是非、確認していただきたいと思います。したがって国産で採石されている石材、日本の銘石の中で代表的な石を掲載しています。下記をご覧ください。

外国で採石されている石材、中国、インド、アフリカ産などが多く使用されています。下記をご覧ください。

和型の墓石は縦長タイプ

和型の墓石

関西地域では神戸型を多く使用いたします。他に大阪型、京都型大きさは7寸から1尺型までのものが多く建てられています。同様に墓所の広さに合わせて大きさを決めることが多くあります。要するに標準タイプが主に建立されています。同様に部材をデザイン加工をしたりします。花立を花瓶型にしたり上蓮華などを付けたりすることができます。

和型のお墓の大きさは8寸・9寸・1尺といった決め方をします。これは一番上の「竿石」の幅の寸法で決められます。ですから竿石の寸法の横幅が8寸(242.4ミリ)であれば8寸墓の基本的な全体の大きさになります。お墓は下記の図のような大きさの順番になります。8寸から9寸、1尺と全体の大きさも拡大していきます。

お墓の大きさ


古くから建てられています。ですから今でも縦長の和型墓石がまだまだ多く建立されます。しかし洋型の墓石も年々増えてきています。和型は国産石材を使用することが比較的多いですが、同様に洋型も国産の物色々な色がある外国産石材を使用することが多くなっています。

お墓の部品名

一般的は和墓のスタイルです(3㎡)。墓所の大きさに合わせて巻石や墓石を建てます。石碑は和型や洋墓などさまざまな形があります。巻石もバリアフリー型などもございます。最適なスタイルをご提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。和型のお墓のイメージ図の一覧を掲載しています。下記からご覧下さい。

洋型の墓石・オリジナル墓

洋型の墓石

洋型はデザイン墓とも呼ばれてもいます。いろいろな形が選択でき、石材も赤系やピンク系、緑系や黒御影系など従来よく使用される白御影石や青御影石以外に使用できる石材が多くあります。オリジナルのお墓は故人様を思い作られたり、自分の好みでつくられたりとさまざまです。下記のように基本のデザインから、これらから更に手を加えて自分このみのお墓にもできます。

洋型の墓石の一覧

国産の大島石などもいいですし、中国やインドで採れる緑系や赤系、黒系などもあり、いろいろな石の色はお墓を自分好みでデザインしたい方には好評です。個人の個性が出てしまうデザイン墓は家族内で意見がまとまらないことが多く和型を建てる方向にいく傾向にあります。

洋型のお墓のイメージ図の一覧を掲載しています。下記からご覧ください。

耐震性が高い洋墓

横型が主流の洋墓は、縦長の和墓よりも倒れにくいメリットがあります。最近は施工も耐震性を高めた工事をしていますが、横型のどっしりタイプは地震の揺れにも間違いなく強いといえます。安全性を一番にお考えでしたら洋墓をおすすめいたします。

お墓を予算内で建てたい

大事なポイントでもあります。予算ですがお墓にかかる費用としては、お墓工事代は石材費+施工費+文字彫刻工事費+部品代となります。この中でもとりわけ石材費は使用する量や石の種類により大きく値段が異なってきます。しかし施工費に関してはそれほど値段が上がることはありません。文字彫刻工事費は基本的に彫るものでは変わりませんが色々な物ですね、例えば花模様を彫りたいとか先祖の名前が多いとかがありますと値段も変わってきます。部品代はそれほど変わるものではありません。以上のように石材費が大きく予算の幅を占めます。当社では数種類の石をおすすめしてご予算内で良い物が建つように提案させていただいています

まとめ

初めて建てる時はわかりにくいことが多くあります。当社にお任せいただければ大丈夫と自負しております。また、他社でいろいろなご相談をされる方もおられますが、あまりよくない先入観を持ってお墓をされても良いお墓を建てることはできません。お墓をなぜ?建てるのかという第一の思いは大切なところです。自分達が何を作ろうとしているのかを分からなければちゃんとしたお墓はできません。お墓の事、ご供養のことなど、宗教的なことなど最後にお墓の事ならお気軽にご相談ください。

関連記事

TOP