お墓を知る

猫型のお墓を建てたい時はどうしたらいいのか?

ペットが亡くなると遺骨をどこかに埋葬してあげる必要があります。自治体が運営している合同墓や動物霊園などもございますし、家においておられる人もおられると思います。それでは、一般的な人がはいるお墓に一緒に入れてもいいのかをご説明していきます。

猫型のお墓

一般のお墓に埋葬できるか?

墓地には使用規約があります。ほとんどの墓地は人の遺骨いがいを納めることは禁止されています。もちろん規約に明記されていいない所もあるでしょう。一般常識的にも人の遺骨とは埋葬しないことは知れ渡っています。しかし、気持ちの中で一緒に入りたいと思うご家族もおられます。それはペット達が家族同然で生活を共にして子供のように慕い、また心の拠り所になっていた存在だったからです。要するに気持ち次第ということになります。 最近では民営霊園などではペットと一緒に入れるお墓の区画をつくっています。ニーズはございます。

動物霊園に埋葬する場合

動物霊園は自治体や民営などいろんな所ががございます。自治体の場合は合葬になりますので遺骨を一緒に埋蔵する形になります。民営などは納骨堂や個別のお墓もやっておられる所もあります。納骨式などもお寺さんを呼ばれる所もあります。

自宅で保管する場合

ペット用に仏壇や位牌なども販売されています。自宅で遺骨と一緒に供養してあげることも可能です。特に形や供養の仕方に決まりはありませんので供養のしかたは自由でいいと思います。

まとめ

猫が亡くなられた時に同じ形で石で作成することができます。お墓に設置することもできますし、自宅に庭があれば置くこともできます。写真にあわせて作成いたします。ペット墓をされたい方は年々増えてきております。ペット墓のご相談もお気軽にお問い合わせください。

関連記事

TOP