お墓の知識

コロナ禍での墓参りや納骨はどうしたらいいのか

コロナでお墓参りや納骨法要なでを自粛しないといけない状況の方もおられます。納骨の場合は遠方におられるご親戚などは移動を控えたくなる心境にもなります。お盆やお彼岸などはお墓参りしたい気持ちが高まります。コロナ対策としてのマスクやソーシャルディスタンスで周りに気を付けながらお墓まいりをされています。

霊園にもよりますが朝早く開門されているのであれば早朝などの時間帯を利用して行く方法もあります。納骨法要に関しましてもお寺さんもマスクをされて読経してただいています。お墓の場合、室内でない為、人との距離を保っていればそれほど神経質になることもないようです。

まとめ

コロナによりお墓に行くまでの準備や気遣いなどが必要となっています。お墓をキレイにしあげないと落ち着かない方やご先祖に会いに行きたい方、日々の感謝の気持ちを伝えたい事もあると思います。やはりお墓に行かないと、なかなか気持ちを落ち着きません。余裕をもってお墓に行けるように心がけていただければと思います。

関連記事

TOP