お墓のことならお気軽にご連絡ください

お墓を知る

ハロウィーンは先祖供養なのか

ハロウィーンはどんな行事なのでしょうか、先祖供養とかかわりがあるのでしょうか。これらを説明しています。

ハロウィーンについて

ハロウィーンは、毎年10月31日に行われます。昔のアイルランドに住んでいたケルト人がされていたお祭りにあたります。現在はアメリカでよく行われるようになりました。しかし宗教感は薄れているため仮装をしてにぎわうお祭り騒ぎをするのが一般的になっています。カボチャを使ってくり抜き怖い顔を作ります。アメリカでは子供たちが仮装して家を廻ってお菓子をもらっていきます。仮装することにより悪霊から身を守る意味もあるようです。

ハロウィーンの盛り上がり

ここ数年では渋谷などや繁華街などでハロウィーンの日に盛り上がり過ぎて車をひっくり返ってしまったり仮装した人が混雑し店に迷惑をかけたりするのでお酒の提供などが制限されたりしています。よってお巡りさんも常に監視されている状態です。韓国ではソウルの梨泰院で多くの若者たちが集まり2022年10月29日の夜に人が集中しすぎて将棋倒しになりました。それにより転倒事故が起き150人を超えるが死亡者をおこす大事故が起こっています。これからは盛り上がり方には気を付ける必要があります。一部の人の問題行動によりハロウィーンが楽しめなくなる可能性はあります。これによりさらに規制も厳しくなるのは残念なことです。

本来の意味は

本来はカボチャではなく白いカブを使うものもあったそうです。ですからそれは故人の頭蓋骨の中にロウソクを灯して白く光ることで頭蓋骨に故人の魂がもどったと信じました。死者が生き返って帰ってきたものとして考えられました。これらによりご家族で頭蓋骨を置いて日本のお盆のように祝う風習がありました。先祖がかえってくることを喜んでまつのです。ですから先祖を供養することで子孫を災いから守ってくれること信じられました。

まとめ

日本のお盆は先祖が帰ってくる時期と現在でも催されています。ですから盆踊りなども提灯を沢山ぶら下げて明るくして行われます。ハロウィンも昔は同じような意味合いがあったと思われます。しかし現在は仮装パーティーになっているようです。お盆に限らず先祖を思い出すことは供養に一番大切なことです。最近はお盆に旅行に行く方もおおいですが。いい風習は忘れず残していきたと感じます。

関連記事

お電話からのご相談・ご依頼

電話0643085886

WEBからのご相談・ご依頼

WEBからのご相談

お墓に関する事なら☎06-4308-5886

  • お墓の建立 ご要望にあった墓石を建てます。デザインと良質な石をご提供。墓地にあわせたお墓をご提案しています
  • 文字の彫刻 故人様の名前や戒名等を彫刻いたします。現在のお墓を確認させていただいた後、原稿を作成・確認
  • 墓じまい お墓を撤去して更地状態に戻します。残土残石は責任をもって処分。法要からお骨上げまでお任せください
  • お墓の移転 お墓とお骨を現在の墓地から他へ移設する場合。手続き等も必要であればお手伝いしています
  • 納骨法要作業 お骨をお墓に納める作業の手伝いをいたします。仏具の用意や骨壺の処分、お寺の紹介なども
  • お墓のクリーニング 長年のあいだ使用していると黒い水垢がつきます。専用の洗浄剤で除去し輝きが戻ります
TOP