お墓を知る

洋型墓石の正面文字は、好きな言葉を刻む

洋型の墓石をつくるとき正面文字を何にするか決めないといけません。地域や宗教の違い、個人の好みで意見が分かれます。どんなものがあるかご説明していきます。

洋型の正面に入れる言葉

洋型のお墓はほとんどが横長型のどっしりとした形状になっています。よって縦長の和型よりも地震などの揺れにも強く人気があります。さて、この洋型の正面に入れる文字彫刻ですが、お墓にとって、とても大切な作業でございます。なぜならお墓の表情となるからです。この正面文字の大きさや書体、刻む言葉によりお墓の雰囲気は変わってしまうからです。

一般には「○○家之墓」または「○○家」と刻むことが多いです。他に宗教に関する言葉である「南無阿弥陀佛」や「俱会一処」などもよく使われます。これらはご家族の中でも同意を得やすいですし、家名を入れることもありご家族のお墓を建てる意味合いもありますので全く問題ございません。

しかし最近は好きな言葉を刻むことも増えてきました。これは、オリジナルのお墓の形や使用している石の色などに合わせてバランスの良い文字を決めます。また思いを込めて好きな言葉を入れたいとご要望があるからです。

言葉は一文字もあれば文章のようなものなどさまざまです。一文字ですと「心」「絆」「夢」「和」「愛」「慈」「想」などがあります。お言葉ですと「ありがとう」「やすらぎ」「平安」「感謝」「慈愛」などがあります。他には亡き人や家族に対してのお言葉を考えて入れられる方もおられます。また、文字に合わせてお花なども彫刻する場合もございます。

まとめ

お墓の表情となる大事な部分の作業でございます。文字の大きさや書体、言葉の意味などもお考えいただき、良い文字を刻んでいただきたいと思います。故人を想い、先祖に感謝をこめた好きな言葉を入れたいとお考えであれば、ご納得いくまでご提案やサンプルなどお作り致します。

関連記事

TOP