お墓の知識

お墓に使用する玉砂利|雑草を防ぐ防草仕上げ

墓所に使用する玉砂利はいろいろな大きさや色があります。一般的によく使用される玉砂利を紹介しています。

玉砂利の種類

墓地に適している玉砂利をご説明いたします。

  • 5色玉砂利
  • 那智黒ツヤ無し
  • 那智黒ツヤ有り
  • 白玉砂利
  • カラー砂利

5色玉砂利

よく使用されているのが5色の玉石が入っている「5色玉砂利」。大きさは2分~3分が良く使用します。もっと小さい砂利や大きい方も使用しようすることもあります。

那智黒ツヤ無し

黒色のつやが無い玉石が「那智黒石」です。5色玉砂利と同じくらい多く使用されています。

那智黒ツヤ有り

黒色のつやが有る玉石です。つや無しよりは使用頻度は少ないですね。大きい玉砂利は主にお墓よりも建物などの外庭や内庭に使用している石です。小さい玉砂利はあまり広くない墓地などに使用いたします。なぜならツヤがある為、広い墓地に使用するとキラキラしずぎるからです。墓石も玉砂利もつやが有るとデザイン的にバランスが悪くなるからです。

白玉砂利

白石のみの玉砂利です。和型の墓石にはあまりされることはありません。しかし洋型のお墓を建てる時にはデザイン的にキレイな場合は使用してもいいと思います。

カラー砂利

最近は庭園用にいろいろな色の砂利もでてきています。ピンクやミドリ色などがあります。しかし、これらのカラー砂利はおすすめいたしません。なぜなら、角が取れていない点と艶が無い為、非常に見た目が悪く、墓石を良いので建ててもこの砂利の為にお墓が安っぽくみえるからです。当たり前のように使用していますが、庭園に使用するような玉砂利は基本的には使用しないほうがいいと思います。

玉砂利のデメリット

玉砂利を敷くと雑草を除去するの土仕上げよりは手間がかかります。玉砂利の大きさを間違うとお墓全体が野暮ったくなりキレイに見えません。せっかくいいお墓を建てても玉砂利のチョイスを間違うと見た目があまりよくありませんに見えます。

玉砂利のメリット

少しですが玉砂利を敷くことにより雑草を抑える効果はあります。一番のメリットは化粧砂利ですのでお墓の見た目が良くなります。墓石のデザインや墓所の大きさなどから選んでいきます。お墓の良いアクセントになります。

防草工事・玉砂利仕上げ

霊園の環境などにより雑草の処理が大変な墓所もあります。そういう時は草が生えにくいようにいたします。防草シートなどを使用いたします。他にコンクリートもしくは防草用の固める土などを使用いたします。固まる土は4色(墨、黄土、白、赤色)が有り、墓地にはもちろんのこと庭園にも使用できます。 注意していただきたいのは、植木がある所では枯れてしまいますのでご使用できません。 いずれも玉砂利で最終仕上げいただいた方がキレイに仕上がります。

まとめ

化粧砂利ともいわれ、見た目を良くしたり、玉砂利は雑草を抑える効果があることから敷きます。土仕上げがいい方は玉砂利は無くても構いません。雑草除去が大変な方は防草工事をおすすめいたします。

関連記事

TOP