お墓の知識

お墓の開眼・納骨法要のお布施はいくら?

お墓を建てる時や移転または墓じまいの時にお寺さんを呼んで開眼式を行います。その際にお渡しするお布施や他にかかる費用などをご説明していきます。

御布施の相場は

お墓を建てた時には一般的には開眼法要もしくは建碑式を行います。あわせて納骨式をすることも多くあります。宗教ごとにいろいろございますが、ここでは一般的な例として、お寺さんに来てもらい法要していただけるケースをご説明していきます。

お墓を建てた時に以下の費用が考えられます。

  • 開眼法要または建碑式
  • 納骨式
  • 魂抜き又は閉眼法要(移転の場合)
  • お車代や御前料

開眼法要・建碑式のとき

お墓を建てると一番上の竿石に白いさらしを巻いて開眼法要式を行います。浄土真宗は建碑式と呼びます。白い晒を取り除き開眼法要(建碑式)を行います。お寺さんの読経やご親族の焼香を済ませます。その後お話が終わりますとお寺さんにお布施をお渡しいたします。

御布施ですが2万~5万円が多いと思われます。もちろんそれ以上の方もおられますし以下の方もおられます。これは今までのお寺さんとのお付き合い具合などもございますので決まった金額はありません。お寺さんによっては金額が決められていて、お寺さんの方から提示してくれる所もあります。しかし、まだまだ「お気持ちで結構です」が多いです。

納骨式のとき

納骨式は2万円~5万あたりが多いです。これに合わせてお車代や御前料を一緒に渡されます。それと最近はお墓を建てた時に行う開眼式と一緒に納骨式もすることが多くなりました。よってその時は開眼式のお布施と納骨式のお布施を別々に包まないといけません。

開眼法要の熨斗袋と納骨式の袋を別にしてお渡しください。たとえばよくあるケースですが一例で開眼のお布施が3万円、納骨のお布施が3万円の場合、合わせて6万円ですが5万円にするケースもあります。ここで6万円にしておくか5万円で渡すかは、よくお寺さんが言う「お気持ち」での意味が出てきます。どれだけ渡しておけば気持ち的にご納得できるかが決めるポイントとなります。

魂抜き・閉眼法要

お墓を動かす時や墓じまいする前にお寺さんに拝んでいただきます。その時のお布施は1万円から5万円が多いと思われます。しかし、墓じまいのときはお寺さんの墓地などの場合は、お世話になった人などは少し多めにお渡ししている方が多い傾向です。

お車代・御膳料

開眼式や納骨式などのお布施と一緒にお渡しすることがあるのがお車代や御前料です。お車代はいわゆる交通費ですね。遠方や近場にかかわらずお渡しすることが多いですね。御膳料は他の49日法要や1周忌法要などが一緒にある場合などにお渡しになるケースがあります。どちらも3千円から1万円になります。

まとめ

御布施はいくら渡せばいいのかを説明してまいりました。よってみなさんお渡しになるお布施は異なります。なるほどと思うのは、最終的にはどれだけ渡せばいいかは、気持ちの済むところで決まります。少ないと思うとモヤモヤしますし多いかなと思うとスッキリしません。お布施とお車代や御膳料を合わせていくらお渡しになるかは、お寺とのお付き合いなども影響いたします。少なくても、多くてもいいわけではありません。難しいですが適当なあたりの金額をご家族で相談してお決めください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP