お墓を知る

お墓でつかう日本の石材は良いの?

お墓に使用している石材で、日本で採石される石材でよく使用される代表的な石を紹介していきます。

日本産が使用される理由

関西地域では昔から西日本地域で採石される石が使用されています。東日本でももちろん、沢山の石が採れていますし良い石があります。

もともと、墓石に使用する石は自分が住んでいる地域、もしくは近くの地域で採れる石を使用していました。墓石に使用できる石はある程度の基準を満たした石のみが使用されます。

ある程度の基準というのは、長年のあいだ使用できる耐久性です。何代も続いていく物でありますから、耐久性が必要となるからです。

建った時の石目も重要です。お墓として見た目が良くないといけません。何百年の歴史の中で関西地域で代表的に使用されている石材が以下になります。

庵治石 香川県産

庵治石などの日本で採石される石はいろいろありますが、その中で一番の石材が庵治石細目になります。

この石で作り上げたお墓は誰が見られても最高のお墓に見えます。香川県高松市庵治町・牟礼町で採掘され加工も現地で行います。 花崗岩のダイヤモンドと称されるほど硬い石質を持ちます。艶が長く保たれ水も含みにくい良質の石です。庵治石の独特の斑(ふ)が抜群に美しく青味がある模様は上品で気品を感じる石目です。

庵治石・香川県産の詳しい内容は下記でご紹介したいます。

大島石 愛媛県産

大島石は関西では昔から数多く建立されています。それには理由があります。石目のキレイさと石質の高さ、あと価格帯です。国産の石材の中では品質と価格のバランスが一番良く、お墓のとして価値の高いものが仕上がります。外国産の高い石をするより値段の差があまりないので、ご予算を少し無理されてもおすすできる大島石です。

大島石・愛媛県産の詳細は下記でご紹介しています。

真壁石 茨城県産

白御影石の中で品質の高さを誇る真壁石です。細目できめ細やかな白さは上品さを醸し出しています。関西では大島石・北木石が主流でしたが、最近になり真壁石の流通が多くなりました。コストパフォーマンスもいいことからもあると思われます。

真壁石・茨城県産の詳細は下記にて説明しています。

万成石 岡山県産

桜御影の愛称で親しまれている岡山県で採石される万成石です。国産唯一のピン系の色をした石材です。外国産の桜御影系の石もあります。しかし石目なども落ち着いた雰囲気のある色合いや、吸水率の低く経年劣化しにくい品質。万成石のほうが抜き出ており墓石に適している石材といえます。

万成石・岡山県産の詳しい内容は下記をご覧ください。

天山石 佐賀県産

九州の佐賀県松浦群七山村で採石されます。天山石は石質は硬く、石目もしっかりとした感じで存在感がございます。長年使用するお墓に適した石だといえます。関西地域でも昔から使用されています。

天山石・佐賀県産の詳細は下記でご説明しています。

北木石 岡山県産

岡山県の北木島で採石される北木石は昔から日本の銘石として多く使用されてまいりました。白御影石としては落ち着きのある雰囲気をもちお墓の石材として好まれていました。最近は、品質的な問題もあり使用頻度は落ちています。

北木石・岡山県産の詳細は下記にてご説明しています。

日本産の石材の種類

日本で採石されている石材は数多くあります。その中でお墓の石として使用されている石はそれほどありません。理由としまして、お墓として建った時の見た目と長年のあいだ使用することの耐久性が必要だからです。これらの条件を満たしている石が墓石として使われます。

関連記事

TOP