お墓を知る

尼崎市でお墓を建てたい時 墓地の選び方、費用は

尼崎市でお墓を建てたいと思ったときの墓地探しから墓石などにかかる費用。こちらで説明をいたします。

尼崎市 お墓事情

兵庫県の南東部に位置する、人口は約45万人の都市です。公共交通機関も充実していて阪神電車、JR神戸線、阪急電車も駅が多く、となりの西宮や大阪や神戸へのアクセスも良好。空港へも交通の便がとても良いです。平坦な街づくりなので坂道も少ないですし、徒歩や自転車での移動はしやすいです。住み心地のいい街として全国的に尼崎市は認知されております。人口も多いのでお墓を探される方が多く思われます。ですから、ほとんどの方は初めてお墓を建てようと思う時、墓地の選び方や墓石がどれだけの費用がかかり、石はどれを選べばいいのか、わからないと思います。

墓地使用料

一般的に、お墓を建てる土地代(墓地の使用料)に比例して墓石の工事代も高くなることがあります。尼崎市内で価格をおさえてお墓を探そうとおもうと、「弥生ヶ丘墓園」の公営墓地か尼崎市内ではなく郊外の霊園で探されるか、永代供養で一心寺さんに遺骨を納めることを考えないといけません。尼崎市内でお墓を探しているという方は、ご参考にしてください。それでは、どんな費用が必要でどれくらいかかるのか、墓地の探し方やお墓の選ぶ基準などをご覧ください。

お墓にかかる費用

大きなお金が必要となります。お墓にかかる費用は大きく分けて、墓地代、管理費、墓石工事代に分けられます。まず、お墓を建てる土地ですが墓所といいます。この墓所は普通の土地を購入するように譲渡して契約する事はできません。法律により墓所は売買はできないとされています。墓地として認可された土地でしかお墓を建てることはできません。墓所として使用するために所有権の取得となります。お墓を建てるために使用する期間だけ半永久的に使うことできます。墓所の使用料は契約するとき、墓地の使用料として永代使用料を支払います。それでは、どんな墓地があるのでしょう。現在もしくはこれから申込可能な霊園はあるのでしょうか?

尼崎市 お墓の選び方

霊園を探すときには、なんとなくこんな種類の霊園があるんだろうな、と思われるのが大きい公園型の霊園とか、お寺さんの墓地や自分が住んでいる所で自治体が管理している墓地であったりすると思います。

種類別に分けますと以下の4タイプの形態があります。

  • 公営墓地 自治体が管理運営している墓地
  • 民営霊園 宗教団体などが管理している霊園
  • 寺院墓地 お寺さんが管理している墓地
  • 共同墓地 昔から街中にある地域の方が管理している墓地

これらの中で尼崎市が管理している公営墓地は「弥生ヶ丘墓園」になります。(所在地: 尼崎市弥生ケ丘町2番1号 )ここからは弥生ヶ丘墓園の場合はどういった内容になるか参考にしてください。

申込条件

申込むには条件があります。尼崎市にお住まいの方であること、ご家族の遺骨をお持ちのかたなどが条件にあげられています。それと、いつでも申込むことができません。募集の時期が決まっています。例えば前回の平成30年(2018年)にありました募集期間は8月21日から8月30日でした。墓所の広さは1.5㎡で約79区画の募集でした。墓地の使用料は338,750円からでした。申込数は355組あり、当選倍率は4.49倍の倍率でした。 ちなみに2016年(平成28年)は募集数46区画に対して416組の募集で9倍、2014年(平成26年)は募集数63区画に対して519組の募集で8.2倍でした。

墓地の現状

2016年度までの募集区画は古い墓を撤去した後の墓所でした。見守られる家族がいなくなった古いお墓を撤去して、更地状態に戻した墓所を、再び貸付できるように使用者の募集をしていました。平成30年からは新しく造成した新区画での募集になりました。次回は令和二年(2020年)の予定です。尼崎市の墓地の使用料は、1㎡の広さでは約340,000円から300万円。これだけの価格の幅があります。これは、立地や環境設備、管理団体などの違いです。公営の墓地から寺院の墓地など尼崎市ではさまざまな墓地があります。

寺院の墓地や共同墓地になると1区画が100万円から300万円くらいが必要となります。寺院は条件もさまざまです。宗教が違うと申込できなかったり、檀家になる条件だったりいたします。どなたでも購入することができる寺院墓地でも、お墓を建てた後に寄付の話がでる可能性はあります。

管理費について

墓地を管理する費用を墓地管理者に支払わないといけません。管理費は年間支払いになっていることが一般的です。例えば、弥生ヶ丘墓園では年間管理費は1平米当たり1,500円(1.5㎡:2,250円)です。管理費は墓地の設備や景観の維持に使用されます。

墓石を選ぶ基準

墓地を確保後に墓石の発注です。よって墓石や巻石などの工事代が必要とされます。第一に予算をある程度、ご家族で相談して決めておく必要があります。たとえば家を購入するかのような感じですが、ご先祖の家を墓地に建てるように思っていただければと思います。それでは、どんな先祖の家を建ててあげたらいいのでしょうか?その後ご家族の方も入られるお墓です。自分の好みで決められてもいいですし、周りの意見を尊重して決めても良いと思います。墓石は和型や洋型などがあります。和型は昔ながらのの縦長のお墓の形です。洋型は最近は増えてきました。好きな形で作ることができます。石の色もたくさんの種類の中から選んで作ることができます。

尼崎市 お墓をお探しならご相談ください

尼崎市でお墓をお探しであれば。石のやすらぎは地域密着で長年お墓に携わってきました。大阪府・兵庫県内のお墓を建てることはもちろん、移転や撤去、リフォーム、彫刻、霊園を探すなど、お墓に関することはどんなことでも対応しております。どんな人でも、いざお墓を建てようと思ったときに、すぐ動けることはそうありません。なぜなら、お墓を建てるという経験がほとんどないからです。そのときになってしまった場合、どうしても困ってしまうもの。したがってお墓に関する質問や疑問があれば、石のやすらぎへお問い合わせください。どんなことでも丁寧にお答えいたします。来店や訪問はもちろん、電話やメールでも随時受け付けております。

まとめ

要するに弥生ヶ丘墓園はいい墓地です。確かに公営墓地は寺院墓地や民営霊園にくらべて、墓地代が安いところ、宗教的な条件がないところ、それとアクセスが良いので人気があります。しかし人気があるところは申込者も多く、前回も抽選倍率が高っかたです。またお墓参りする時はいろいろな交通機関を利用されると思います。また車でこられても駐車場があります。その一方で市バスをご利用の方も「弥生ヶ丘墓園」バス停を降りれば墓地の入口が近くにあります。よって近くの方は自転車や徒歩でも気軽に来れるところです。前回抽選に漏れた方も、これから申込をお考えの方も次回の募集までしばらくお待ちください。詳細は下記でご確認ください。

関連記事

TOP